映画感想

【動画紹介】「TEDトーク ジェームズ・キャメロン」
映画「タイタニック」を撮影した本当の理由とは!?

映画会社には「これは船上のロミオとジュリエットだ」

「壮大なラブロマンスなんだ」と売り込みました

でも密かに私が企んでいたのは

実物のタイタニック号を潜って見る事でした

その為にこの映画をつくったんです

こんにちは。

2021年5月に映画「タイタニック」が地上波放映されます。

この映画を100%楽しむために、

今回は「TEDトーク ジェームス・キャメロン」の動画を紹介します(*´ω`*)

SFばかり作ってたジェームス・キャメロンがなぜタイタニックを作ったのか。

一見、関係なさそうな「アビス」や「タイタニック」「アバター」の共通点は?

SFや宇宙が好きだった少年が夢中になったものは?

この動画を見ると彼の一貫した好奇心の矛先が分かります。

後半にはジェームズ・キャメロンの考えるリーダー論も披露しています

タイタニックファン。ジェームズ・キャメロンファン。映画ファンなら絶対に面白い話が聞けると思います(*^^*)

では、どうぞ!

いかがでしたでしょうか?

「アビス」、「タイタニック」や「アバター」。

一見何の共通点もなさそうなこれらの作品が、内なる宇宙、海への好奇心から来てる事がよく分かりましたね^^

それでは、動画内で言及されてたシーンをサッと紹介していきます。

「アビス」で登場する水のような生き物

映画界初のソフトサーフェスCGアニメーション

と言われてたものがこちらです^^

「アビス」は私も好きな映画で、この水の生き物は人間を観察するための偵察で、だからこそ悪意がないんですね。

この映画は2つの顔を持っています。

潜水艇内でのトラブルによるパニック映画。

後半は未知の生物との交流。

色々考えさせられる映画で、視聴するなら「完全版」を是非見てください^^

次に「ターミネーター2」

これは説明不要ですねw

液体金属のT1000は映画史上屈指の悪役じゃないでしょうか(*^^*)

比べると、「アビス」の技術が「T1000」に受け継がれているのが分かりますね!

余談ですが、T1000に殺されるこのおじさん。

CG技術によって同じ人物を再現してる・・・わけではなく、双子の役者さんだそうです笑

サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)も双子が演じており、ラストシーンで共演しております^^

ちなみに、90年代半ばに遅れを取ったとは、「ジュラシックパーク」のことなんじゃないかなあと思います。

その後に撮影した「タイタニック」「アバター」を公開。

パンドラの描写は今見ても本当に美しいですね^^

CGで遅れを取ったと言いながら巻き返して、興行収入がそれぞれ1位と3位を取ってるのはもう凄すぎですね!!

世界歴代興行収入上位の映画一覧 – Wikipedia

私自身、ジェームズ・キャメロンが「タイタニック」公開後にもう一度探索に出たというニュースを見て、

「なんで映画を撮らないんだろう」と思ってしまったのを覚えています笑

でも実は「タイタニック」そして海に対してこんなにも強い思いがあったんですね^^

改めて、今週末に放送される「タイタニック」(後編)

ジェームズ・キャメロンの海への思いや思惑を知ると、ちょっと違って見えてきそうですね^^

みんなで放送を楽しみましょう。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA